2017年02月10日

資金が小さいほど儲かる株式投資なんて、ありえない。


 投資をしている人なら誰でも当たり前のことだと思いますが、株式投資は一般的に「資金が大きいほど有利」と言われています。しかし、株のデイトレードをするなら、資金が小さいほど儲かるんだそうです。


 そんな投資法で、200万円の資金をたったの8ヶ月で3000万円まで増やした投資家がいるんです。それは、元証券トレーダーのヤーマンという方です。


 なぜ、資金が小さいほど儲かるのかというと、資金力があり、相場分析能力の高いファンド筋や証券ディーラー、資金の大きいトレード力のあるデイトレーダーがほとんど参入してこない銘柄を選んでトレードすることができるからです。


どういうことかというと、プロやファンド筋は大金を投じて大きく稼ぐトレードをしているので、出来高の薄い銘柄だと、買いたい株数を買う事ができないのです。つまり、株数が張れず、大きく勝負ができない銘柄には、プロやファンド筋が入ってこないので、投資経験の浅い素人投資家や資金力のない個人投資家しかいないのです。だから、プロと戦わずに手堅く稼ぐことができるんです。


 これはまさに、資金の小さな個人投資家が利益を手堅く上げていくための秘策ですね。


 それでは、その秘策を使って、どのような銘柄でデイトレードするのでしょうか。

それは「連動銘柄」です。


 連動銘柄というのは、
・銘柄Aが上がると銘柄Bも上がる
・銘柄Aが下がると銘柄Bも下がる

 このように、銘柄によっては、連動しているものがあります。そして、連動銘柄というのは、同じ業種の銘柄の中で起こることがほとんどです。


連動銘柄で後から上がってくる銘柄がわかっていると、C銘柄が上がってきたらD銘柄を先回りして買えばいい、、というのが一般的な連動銘柄の使い方です。


しかし、この一般的な連動銘柄の考え方だけで勝っているトレーダーはほとんどいません。なぜなら、そもそも連動銘柄郡を上手く発見出来るトレーダーがいません。連動銘柄を上手く活用して利益を上げているトレーダーはそう多くはいないのです。


 連動銘柄を上手く活用して利益を上げているのは、ヤーマンさんくらいなのです。



 そのヤーマンさんの投資手法が開設されているのが、「連動銘柄の法則」という書籍です。





posted by mana at 15:05| top

2015年07月07日

資金が小さいほど儲かる「連動銘柄の法則」とは


 kabu-rich.png



 資金が小さいほど儲かる「連動銘柄の法則」の特徴とは

1.元証券トレーダー「ヤーマン」 が独自に編み出した法則!
たった8ヶ月で200万円の資金を3,000万円まで増やした実績があります。

2.資金が小さいほど利益を上げやすい!
 株デイトレで手堅く利益を上げていくための法則です。

3.大きな資金を持つファンド筋やプロトレーダーと戦う必要がない!
 ファンド筋や証券ディーラーなど資金のあるトレーダーがほとんど参入してこない銘柄を選んでトレードすることができるのです。
 
4.年間1000万円程度は低リスクで堅実に稼げる!
 年間1000万円以上の利益を狙おうと思うと、板が薄すぎる銘柄は買えなくなったり、プロやファンド筋のいる出来高の大きい銘柄でトレードせざるを得ない状況が出てきてしまうのです。

5.30日間返金保証!
 どんな理由であれ、購入してから30日間以内であれば全額無条件で返金してくれます。

6.この教材は、少し高めの書籍並みの価格です。
 






posted by mana at 10:04| top